整体学校,スクールコラム:坐骨神経痛について(その2) | 東京・千葉の整体学校、整体スクールはほぐし職人学院

東京・千葉の整体学校、整体スクール|ほぐし職人学院

お試し体験講座

これから整体師を目指す方へ

整体学校,スクールコラム:坐骨神経痛について(その2)

東京と千葉にある整体学校、整体スクール

ほぐし職人学院の学院長甲地直矢です。

 

この、整体学校であるほぐし職人学院の対象者は、

整体や、リラクゼーションなど未経験者の方。

もしくは、無料講習会のみで施術に自信が持てない。

といった方を対象としております。

 

 

今日のこのコラムは、前回のコラムの続編です。

坐骨神経痛の施術法ということで、先ず私たちが理解しなくてはいけないと思うのが

坐骨神経痛って、一体何?と言うことだと思うんですね。

 

 

先ず、前回のコラムからご覧ください。

こちらをクリックして確認をしましょう。

⇒ http://sohgs.com/pc/news/1643/

 

 

坐骨神経痛を発症する人はとても多く

もし、あなたが整体学校に入り、カリキュラムを卒業したとき、

 

 

 

整体師やセラピストになった場合ですよ、

必ずと言っていいほど、坐骨神経痛の施術は担当する時が来ます。

 

 

 

今日の動画レクチャーですが、その坐骨神経痛に対する特徴。

これを考えて行きましょう。

 

 

坐骨神経痛の特徴とは!?

 

7

坐骨神経は、腰と仙骨から足の方に走行する人体で一番太い神経である

坐骨神経痛には2つの特徴があります。

その1) 腰部と臀部に痛み

これは、どういうことなのでしょうか?簡単に考えると、腰とお尻のほうに痛みがある。ということです。

しびれの場合は後程テーマにしますが、激痛を発症するケースもあります。

腰だけと言う時もありますし、臀部(お尻)の方のみに痛み走る。と言う症状もあります。

 

 

坐骨神経痛の出方は、本当にひとそれぞれなのです。

なので、私たちはしっかりと坐骨神経痛の特徴を把握しましょう。

 

 

甲地の経験上になりますが、多いのが腰部の激痛や痛みになります。

臀部は、下肢(足)のほうに、痺れを伴うような症状の人は臀部(お尻)に

痛みが走る人がおおいです。

 

 

その2)下肢(足)に痺れがある。

 

そうです。2つ目の特徴は下肢(足のほう)に痺れを伴っている。ということです。

良くあるケースです。痺れときたら

・腰椎椎間板ヘルニア

・坐骨神経痛

 

この2つの症状を考えると良いと思います。

そこで、今日の動画レクチャーは

 

 

坐骨神経痛における特徴と、どこら辺にどのような痛みやしびれが出るのが

坐骨神経痛なのか?

 

超~大事な内容です。

動画を見て確認をしましょう。

☟              ☟

 

リフレクソロジーについて考えてみましょう!

クリックすると新しいウィンドウで開きます

今回は、リフレクソロジーについて考えてみましょう。

足裏が痛い場合、「内臓」を考えがちですが、、、

動画を見て参考にしてみてください。

http://sohgs.com/pc/news/1480/

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

以下にお名前とメールアドレスをご入力ください。
は入力必須項目です。

ページトップへ

お試し体験講座

これから整体師を目指す方へ