【指圧,マッサージセミナー】腰痛施術での拇指圧ポイント | 東京・千葉の整体学校、整体スクールはほぐし職人学院

東京・千葉の整体学校、整体スクール|ほぐし職人学院

お試し体験講座

これから整体師を目指す方へ

【指圧,マッサージセミナー】腰痛施術での拇指圧ポイント

【指圧,マッサージセミナー向け】

腰痛施術における拇指圧のポイント

IMG_1111-e1487291314333

 

東京、千葉の整体学校・整体スクール

ほぐし職人学院の甲地です。

———————————————–

ほぐし職人学院(未経験者)
指圧マッサージ・ボディケアセミナー(経験者)
体験講座のご案内

4月18日(水)11:00~12:30 残席1席のみ!

4月19日(木)11:00~12:30 満席になりました

4月20日(金)11:00~12:30 満席になりました

参加費:¥3.000円
体験講座のご予約はコチラから

https://1lejend.com/stepmail/kd.php?no=EvJqOylTsEvm

————————————————–

今日のコラムは、ほぐし職人学院が主宰させていただいております

指圧あん摩マッサージ師,リラクゼーションセラピスト,整体師の方を対象とした

指圧マッサージ、ボディケアセミナーの情報発信コラムになります。

 

 

今日は、腰部における指圧マッサージ、ボディケアの手技を考えましょう。

 

 

今日は、テーマに移る前に「腰痛施術」に関して

指圧、マッサージとリラクゼーションについて

私たちが、今一度認識していく事を、記していきたいと思います。

 

 

 

大体、一週間に5~6日施術をしているかたであれば、

ほとんど毎日のように、腰痛の患者さん、お客様を施術すると思います。

 

 

ここで、私たち拇指圧、肘を使って筋肉を緩めていく手技を使っている施術者にとって

治療である、あん摩指圧マッサージ師は腰痛の患者さん、

リラクゼーションである癒しでは、肩こりのお客様が多いことが特徴です。

 

 

 

要は、「腰痛」という「痛」がある場合は、

その症状を治療して治してもらいたい。という患者さんからのニーズです。

 

 

癒しである、リラクゼーションは治療行為は出来ませんので

痛みを消失してほしい。改善してほしいは範囲外ですよね?

 

 

「肩こり」というキーワードには「痛」が入っていないわけです。

慢性症状でも、痛みがないということで

リラクゼーションの現場では、ほとんど肩こりの方が多いわけです。

 

 

何故、上記のような事を記したのかと言いますと、

私たちは、その辺の「境界線」みたいなものを

しっかりと、患者さん、お客様に対して訴え、理解してもらうことも大事だと思うからです。

 

 

リラクゼーションの現場では、普通に

 

「腰が痛いから何とかしてくれ。。。」

 

「腰が痛くて、マッサージすれば何とかなるかな。。。」

 

というお客様は少なくありません。

 

 

私たち、拇指圧や肘を使って手技的に同じようですが

目的は違うということは、甲地の動画レクチャーやコラムをお読みくださる方であれば

ご理解をいたただいていると思うんですね。

 

 

ここで、理解しているかたも、理解していないかたも

腰痛に関して、今一度、確認をしてほしいことがあります。

今一度、腰痛施術などにおける治療とリラクゼーションの違いを記していきたいと思います。

 

 

腰痛施術における治療とリラクゼーションの違いとは!?

 

腰痛に関しては、リラクゼーションの現場でも

治療の現場でも、患者さんとお客様は同じような人が来ると思います。

 

 

リラクゼーションでも、慢性の腰痛はもとより、

急性腰痛(ぎっくり腰)のかたも来店します。

下肢の痺れの改善を目的とするお客様もリピーターとなることも多いです。

 

 

これは、とても良いことで

私たちの手技がとても支持を受けている証拠です。

 

 

 

治療とリラクゼーション。この違いって何だと思いますか?

それは、治すことと、癒しとか甲地はそういったカテゴリー分けをしているわけじゃないんです。

 

 

施術の構成の仕方、施術の内容が違うことなんです。

痛みの消失、改善は、施術技術的に

 

「痛みの原因をさぐる検査法に基づく」ことをおこなって行くからなんですね。

 

診断、即治療。

 

なわけです。リラクゼーション現場ではテストなんて出来ませんよね?

単純にSLRテスト、ブラガードテストに始まり、

 

 

梨状筋を疑えば、先ず診断として、パトリックテストや股関節内旋外旋テストをおこない

診断をおこなって治療に入るのが、マニュアルです。

 

 

リラクゼーションの場合は出来ません。なので講習会とかでも習いません。

ボディケア、ストレッチ、骨盤調整などが主だと思います。

 

 

施術内容が違うのに、同じような目的の方が来店することは

私たち、施術者側の認識不足か伝えていないか、伝わっていないかのどれかになります。

 

 

私たち、施術者にとってさらに地位を上げるために

特に、リラクゼーションの現場ではもっと、お客様に対して

発現をしても良いと思うし、

 

 

 

現場をもっと自分たち主流の考えを持ち

自分たちの役目をしっかりと果たしていくことがさらに良くなる条件だと思うんですね。

 

 

それらを考えながら、今日のテーマについて考えて行きましょう。

腰部の拇指圧ポイントです。

腰部は、範囲的にとても狭いわりにもの凄い体に影響を与える部位じゃないですか?

 

 

腰部における拇指圧のポイント

 

salvia-seikotsu_27

 

腰部の施術における拇指圧のポイントは

大体決まっていることが理解するのにラクなことです。

 

 

もし、あなたが腰部の指圧マッサージ、ボディケアを

もっとうまくなりたいと思って言う場合、先ず考えて行くポイントですが

 

1:拇指圧を入れるポイントを解剖学に基づききちんと理解すること。

2:解剖学に基づく筋肉の線維に従い、正しい施術姿勢を理解すること。

3:腰部筋が、どこをどのように施術すると緩むのかを理解すること。

 

この3つがポイントとなります。

1つ1つのポイントを理解していくようにすれば大丈夫です。

 

 

甲地も、師匠がいまして(お亡くなりになりましたが)

そのかたから、こっぴどく指導をされました。

 

 

今回は、1番目の

1:拇指圧を入れるポイントを解剖学に基づききちんと理解すること。

 

動画でそのポイントをレクチャーしました。

先ず、ポイントです。動画を見て確認をしましょう。

☟             ☟

 

 

腰痛施術で結果が出る臀部筋ポイント

 

腰部の施術は腰の筋肉だけを揉んでも結果が上手く行かない時が多く

臀部筋が大事な事なのですが、今回、臀部筋におけるポイントを動画レクチャーしました。

臀部筋ポイントを確認してみてください。

下記のURLをクリックすると動画レクチャーが視聴できます!

☟               ☟

http://sohgs.com/pc/news/1542/

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

以下にお名前とメールアドレスをご入力ください。
は入力必須項目です。

ページトップへ

お試し体験講座

これから整体師を目指す方へ